TOEIC

TOEIC点数 大学生の平均点は?大学別スコアランキングも【東大よりも上はいる】


TOEICの大学生の平均点を学年ごとに、ご紹介します。
また、大学ごとのTOEICスコアランキング・一覧も載せます。

各大学のスコアを見ることで、自分の英語力・TOEICの点数がどの大学レベルなのかを知ることができます。
自分のTOEICの点数が、東京大学の平均点を超えていたら嬉しいですよね。

また、TOEIC受験者全体の平均点と比べることで、各大学の点数がどれくらいすごいのかが分かります。
では、見ていきましょう。

TOEIC受験者全体の平均点・スコアは?意外と点数が高い

はじめに、各大学の点数を見る前に、TOEIC受験者全体の平均スコアをご紹介します。
TOEIC受験者全体の平均点と比べることで、各大学の点数がどれだけ高いのか、低いのかがさらに分かり易くなります。

以下が、TOEIC受験者全体の平均スコア表です。
(データは2019年4月TOEICL&R試験第239回のもの、受験者数:71227人)

リスニング リーディング トータル
最高スコア 495 495 990
最低スコア 5 5 10
平均スコア 327.4 269.5 596.9
標準偏差 83.7 92.7 167.9

トータル平均スコアが596.9点と600点に近い点数です。
TOEICの試験を受けに来るだけあって、なかなか高い点数となっています。

第239回以前のTOEIC試験の平均スコア

・第238回:579.2(受験者数:142105人)
・第237回:578.4(受験者数:140947人)
・第236回:582.8(受験者数: 86217人)

基本的に、どの回でも570~590点くらいの平均点になるようです。

TOEC大学生の平均スコア・学年別の点数


大学生のTOEICの平均スコアが以下です。
IPテストとは、企業や学校などの団体向けのTOEIC試験です。
その企業、学校に所属している人たちだけで受ける試験のことです。

公開テスト IPテスト
大学生全体の
平均スコア
568 443

IPテストの方が大きく点数が低いのは、受験者のレベルの違いです。

公開テストは、TOEICの勉強をしてきた人が受験するものです。
一方、IPテストは学校などで強制的に受けさせられるケースが多いです。

そのため、TOEIC用の勉強をしていないため、公開テストに比べるとスコアは下がってしまいます。


次に、大学生の学年ごとの点数がこちらです。
公開テストのデータはないので、IPテストの平均スコアです。

大学1年生 大学2年生 大学3年生 大学4年生
IPテスト 427 438 482 502

学年が上がるごとに点数が上がっています。

大学3・4年生は就職や院試があります。
よって、TOEICのスコアを上げる必要があり、勉強をするため、点数が高くなると考えられます。

そのため、大学1年生・2年生より大きく点数が上がります。

大学のTOEICーIPテストは初夏あたりにあることが多く、まだ受験時の英語力がそこまで低下していない時期です。
大学1年生は比較的点数が上がると思いましたが、2年生とそんなに変わらないようですね。

この結果を踏まえて、大学(院)ごとのTOEICの点数を見ていきましょう。

TOECの平均点 大学(院)・学部別ランキング!東大を超えるのはどこだ?

大学生・大学院生の学部学科別で見たTOEICの平均点がこちらです。
情報を出している各大学のランキングです。

900点レベル


938点 上智大学国際教養学部(※全体平均は732点)
920点 国際教養大学(全体平均)

800点レベル


877点 東京外国語大学外国語学部英語学科(※全体平均は719点)
874点 国際基督教大学(全体平均)
865点 上智大学外国語学部英語学科(※全体平均は732点)
823点 一橋大学大学院法学研究科(※学部の平均は619点)
800点 東京大学大学院生(文系)(※学部の平均は688点)

これより、文系の東京大学院生よりも、上智大学国際教養学部や国際教養大学の平均得点は高いことが分かります。
いくら東大生、それに院生といえども、英語を得意とする学部や大学のTOEICの点数には及ばないんですね。

700点レベル


783点 同志社女子大学国際教養学科(3年次)
770点 早稲田大学国際教養学部
762点 神戸市外国語大学外国語学部英語学科
752点 東京大学(文科三類)(※全体平均は688点)
750点 慶應義塾大学SFC
732点 上智大学(全体平均)
725点 広島大学教育学部(英語科)
703点 東京大学大学院生(理系)(※学部全体平均は688点)
719点 東京外国語大学(※英語学科平均は877点)

600点レベル


689点 青山学院大学
688点 東京大学(学部)
667点 関西外国語大学外国語学部英語学科
650点 日本外国語専門学校
649点 広島大学医学部
648点 神戸大学
641点 同志社大学
640点 東京工業大学
636点 千葉大学医学部
634点 獨協大学外国語学部英語学科
630点 立教大学
630点 大阪女学院大学
628点 宮崎国際大学(4年次)
628点 京都大学
620点 高校の英語教員のTOEIC平均スコア
619点 一橋大学(※大学院法学研究科の平均は823点)
617点 中央大学
615点 明治大学

500点レベル


599点 千葉大学薬学部
594点 立命館大学
580点 神奈川県立外語短期大学
570点 宮崎国際大学(3年次)
560点 中学校の英語教員のTOEIC平均スコア
550点 奈良女子大学
548点 千葉大学文学部
544点 千葉大学法経学部
538点 広島大学法学部
531点 千葉大学教育学部
524点 金沢大学
518点 千葉大学理学部
518点 広島大学歯学部
511点 千葉大学工学部
509点 広島大学文学部人文学科
504点 千葉大学園芸学部
503点 東京農工大学

TOEIC受験者全体の平均点よりも高いのは、だいたい埼玉大学教養学部くらいから上になりますね。

国立大学の中でも旧帝に続く、高いレベルの千葉・広島・金沢大学でもTOEIC全体の平均点よりも低い点数です。
受験英語を高いレベルで学んできた彼らでもTOEICという試験はやはり難しいみたいです。

400点レベル


499点 千葉大学看護学部
489点 広島大学総合科学部
483点 長崎大学工学部
469点 白鴎大学経営学部(3年次)
465点 白鴎大学経営学部(2年次)
477点 埼玉大学(2年次)
446点 広島大学工学部
440点 広島大学生物生産学部
425点 新潟大学(1年次)
418点 香川大学
414点 山口大学
411点 埼玉大学(1年次)

300点レベル


381点 日本大学文理学部英文学科
350点 宮崎国際大学(1年次)
(※4年次の平均は628点)332点 白鴎大学経営学部(1年次)
332点 白鴎大学経営学部(1年次)

学部全体の平均スコアで比べる、TOEICスコアランキングはこちらです。

1.国際教養大学(920点)
2.上智大学(732点)
3.東京外国語大学(719点)
4.青山学院大学(689点)
4.東京大学(688点)

学部全体で見ても、東京大学よりも上智大学などの大学はスコアが高いです。
青山学院大学が意外にも英語が高レベルなようです。

まとめ

TOEIC平均スコア1位の大学は国際教養大学でした。
東京大学よりも上がいくつもあるんですね。

自分のTOEICスコアと比べていかがでしたでしょうか?
TOEICのスコアは就職や院試でも非常に重要です。

就職を控える学生は点数を上げていく必要があります。
自分の周りはどれくらいの点数なのかを知ってさらにレベルを上げていけるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-TOEIC
-, , ,